ハングル能力検定協会

お知らせ협회로부터의 소식

お知らせ

ハン検入門級(IBTオンライン試験)実施について

【「ハングル」検定 入門級(IBTオンライン試験)を2023年1月に実施決定】

【ハングル能力検定協会創立30周年の2022年10月9日にオープンテストを無料で実施】

1993年6月に世界で初めて韓国・朝鮮語の検定試験を実施し、累計出願者数47万人を超える「ハングル*1」能力検定試験(ハン検*2)が、2023年1月に入門者向けのIBT(オンライン試験)を実施します。

*1当協会は韓国・朝鮮語を統括する意味で「ハングル」を用いておりますが、協会名は固有名詞のため、「」は用いず、ハングル能力検定協会とします。
*2ハン検は「ハングル」能力検定試験の略称です。

 NPO法人ハングル能力検定協会(以下協会)は、1992年10月9日に設立し、2022年10月9日に30周年を迎える、日本語母語話者のための「ハングル」能力検定試験を実施する団体です。

  • IBT導入の経緯
     様々な検定試験がコロナ禍で試験の中止や延期を余儀なくされる状況において、IBT(Internet Based Test)を用いたオンライン試験の実施が不可欠となりました。
     特に年2回の検定試験を主な業務としている協会では、一度の中止がその運営に大きな影響を及ぼしています。安定的に試験を実施し、受験者へその資格を付与する責務を負っている実施団体としての責任を果たすためにオンライン試験の導入が必須でありました。

  • IBTにて初級オープンテストの実施
    2020年11月に実施された第54回ハン検の一部会場で、4級と5級試験をIBTにて実施しました。また2021年5月と11月にはオープンテストを実施し、さらなる利便性向上のためにシステムのアップデートを行いました。

  • IBTを実施する意義
     世界的にも音楽、ドラマ、映画、ファッション、飲食、文学、コスメなど多様な韓国コンテンツの人気が高まり、コロナ禍でも在宅で消費できるコンテンツへの高まりから「ハングル」を学ぶ人が劇的に増加しています。
     このような環境の中、「ハングル」を学びはじめた学習者の学習到達度をいち早く公平かつ公正に評価するため、IBT入門級を正式に導入し、実施することといたしました。

  • IBT受験の内容
    「ハングル」を習い始めた初心者を対象とした試験で、IBT限定で新しく設置する入門級です。
     1級から5級までの入門級をオンラインで幅広く実施するため、試験名にIBTを記しています。
     「ハングル」能力検定試験の出題基準、出題範囲を入門級に合わせて作成し、問題を作成することでハングル能力検定協会の評価対象となる試験です。

  • 受験方法
     協会ホームページより会員登録をして、マイページから試験申込の手続きを行います。
     試験は年2回実施(1月と7月)の予定です。

  • 入門級(IBT)の実施

    ・2022年10月9日、協会創立記念日である「ハングルの日」にIBT入門級のオープンテストを無料で実施。
    (受付期間2022年9月1日~9月30日)

    ・2023年1月22日に第1回「ハングル」能力検定試験IBT入門級を正式に実施。
    (受付期間2022年12月1日~12月25日)

  • 資料提供
    詳細は「入門級(IBT)の出題概要」ページをご参照ください。。

 協会は今後も「ハングル」学習の魅力を充分に堪能できるよう精進して行く所存です。 多くの方に2022年10月のオープンテストにご参加いただき、2023年1月から実施予定のIBT入門級検定を受験していただければと存じます。

2022年1月28日
特定非営利活動法人 ハングル能力検定協会
理事長 鄭聖華

公式サイト:https://hangul.or.jp/
SNS:Twitter / Instagram @hangul_kentei
LINE https://page.line.me/900qyuln

【印刷用PDFファイル】

ログイン 新規登録 お問い合わせ